結婚式のキセキ

SEARCH

close

一つの結婚式にはたくさんの愛と小さなキセキがあふれている

【5つのポイント】結婚式でこれだけはやってはいけないこと~ウェディングプランナーアンケート~

2016.01.13

【5つのポイント】結婚式でこれだけはやってはいけないこと~ウェディングプランナーアンケート~


ウェディングプランナー500人に調査した結果、後悔しない結婚式を迎えるために「やってはいけない5つのポイント」が明らかになりました。当たり前のことばかりに思えるかもしれませんが、”意外とできていない”というのが現状です。

Point 1. ご新婦だけに任せっきりにする

「彼が協力してくれない」はケンカの原因になります。ご新婦が好きなように決めることが一番だと思っているご新郎は要注意!

初めての共同作業は準備から始まっているのです。特に「キミに任せるよ」「どっちでもいいよ」「好きにしていいよ」は結婚式準備中の3大NGワードになります。

Point 2. 結婚式前日に親御様への感謝の手紙を書く


”早めの準備は鉄則、前日作業は論外”
式直前に準備を残すことは、当日にも影響します!!

特に親御様に向けた感謝の手紙は簡単に書けるものではありません。寝不足になったり、書いている途中に色々と思い出して、泣いてしまっては晴れ姿が台無しになってしまいます。

Point 3. ウェディングプランナーとの打合せで意見を「聞かない」「言わない」


”お打ち合わせこそが全ての基本”
ウェディングプランナーは結婚式のマナーや礼儀をふまえた上で、最適なプランを提案してくれます。

ウェディングプランナーのアドバイスを聞かずに、自分たちの意見だけを押し通すのはトラブルのもとです。逆に、遠慮してしまい本音や悩みを言わないこともよくはありません。少しでも疑問に思ったり、希望がある場合は遠慮せずにウェディングプランナーに相談するようにしましょう。

Point 4. 親御様の意見をないがしろにする


たとえ親御様が「ふたりの好きなようにしなさい」と言っていても、おふたりだけで勝手に決めてしまうことはNG。特にお料理、引き出物は親御様からのおもてなしの表現でもあります。また地域の風習や家族間の取り決めなどもあるので、必ず事前に相談するようにしましょう。

Point 5. 写真・動画の撮影費用を削る


予算節約を理由に、当日の写真やビデオ撮影をゲストに頼もうという考えはオススメできません。撮影技術のこともありますが、頼まれたゲストは当日を楽しめないかもしれません。

結婚式の写真や動画はプロに頼むようにしましょう。親御様の涙や母からメッセージ、友人の笑顔など重要なシーンを逃さず思い出に残してくれます。

最高の結婚式を目指すなら

人生で特別な1日の準備は一朝一夕に終わるものではありません。これから結婚式を計画されている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

その他にも演出のトレンドや最高の結婚式を叶えるために知っておきたいプロのアドバイスが満載!

T&Gの結婚式場を探す

オススメ動画

T&Gの結婚式場を探す