結婚式のキセキ

SEARCH

close

一つの結婚式にはたくさんの愛と小さなキセキがあふれている

結婚式を支えるプロフェッショナル ~フラワーコーディネーター編~

2015.10.08

結婚式を支えるプロフェッショナル ~フラワーコーディネーター編~
結婚式の空間に魔法をかける仕事とは?

以前、結婚式に関わる様々なスタッフをご紹介し大きな反響をいただきました。
▼▼▼


そこで今回は、会場の装飾・空間づくりという、結婚式のイメージを印象付ける大切な役割を担う「フラワーコーディネーター」のお仕事を掘り下げてご紹介します!

おふたりが考えている以上のものをカタチに!

今回、ご紹介するのはT&Gフラワーコーディネーターの中嶋さん。

実は彼女、入社2年目にして社内のフラワーコーディネーターのコンテストで全国NO.1の称号を手にした凄腕の持ち主!

「お客様が喜んでいることを見るのが好き!」
「お客様が想像している以上の事をご提案したい!」とお話しする中嶋さん。

一組のお客様のパーティに密着し、おふたりに寄り添ってイメージをかたちにする過程をご紹介します。

まずはテーマを決め、それをもとにデッサン!

結婚式にはおふたりならではのテーマがポイント!
テーマを設定することでより、おふたりらしさを演出することができます。

今回は「海」をテーマに。
そのテーマに基づいて会場の装飾を決めていきます。


でも、一言に「海」といっても、イメージするのは人によって千差万別。
色ひとつとっても、ブルーだけでスカイブルーからネイビーまでたくさんありますよね。

だから中嶋さんは、おふたりのイメージを引き出したら、デッサンに落とし込みます。

デッサンはお客様とイメージを共有する大切なもの。
結婚式2週間前に、デッサンやイメージ写真を基に、お客様と最終確認します。

今回は、このようなデッサンを仕上げました。

貝殻や砂の小物と濃いブルーの色味は深海をイメージし、ロイヤルブルーを。
アクセントには泡をイメージし水色のカスミソウをそえています。

そして、デッサンを元に当日出来上がったメインテーブルの装飾はこちら!

まさにおふたりのイメージにぴったりのメインテーブルに!

最初はお客様のご希望のカラーやキーワード、テーマというカタチがない漠然としたイメージでしたが、プロの手で表現していきます。

お花だけではない全体コーディネートも担う大切な役割

フラワーコーディネーターというとお花を創るスタッフというイメージですが、T&Gのフラワーコーディネーターはそれだけではありません。

流行にあわせて人前式では「チョークアート」を取り入れた結婚証明書や、ウエディングプランナーと相談しながら進めた「100本のバラ」を使ったご新郎からご新婦へのサプライズ演出。

テーマに合わせて流行やトレンドをバランス良く取り入れ、おふたりならではの空間を創り上げていきます。

結婚式準備を進める中で、フワラーコーディネーターはお花のことだけでなく会場全体の空間や小物についても相談できる心強い味方ですね!!


▼フラワーコーディネーターの1日に密着した動画はこちら!

T&Gの結婚式場を探す

オススメ動画

T&Gの結婚式場を探す