結婚式のキセキ

SEARCH

close

一つの結婚式にはたくさんの愛と小さなキセキがあふれている

ウェディングプランナーの新婦が仲間と本気でつくった結婚式がすごい!

2015.07.28

ウェディングプランナーの新婦が仲間と本気でつくった結婚式がすごい!
ふたりが選んだ会場はなんと「廃校になった小学校」

トップウェディングプランナーとして、今まで多くのご新郎・ご新婦の結婚式をプロデュースしてきた新婦。
そんな彼女が仲間たちとつくった結婚式がすごい!とメディアを騒がせた結婚式をご紹介します。


まずは会場選びから驚きが!
ゲストにほっとする時間を過ごしてほしい、という願いをこめた、ふたりにぴったりな場所。

それはなんと、群馬県の「廃校になった小学校」でした。

“仲間たちの手”で小学校が結婚式の会場に

これまで数多くの結婚式を、新婦と一緒につくってきたプロ集団の仲間たちが、小学校を結婚式場へと“手づくり”で変えていきます。

校庭には、人工芝のバージンロードが!
テントを張って作ったパーティ会場は小学校によく咲いている「マリーゴールド」を
コーディネート。

家庭科室はキッチンに早変わり!地元の食材でゲストをおもてなし!



校内放送を使って呼びかけるのも、小学校ならではのアイデアですね。

驚き!ウェディングケーキは20mのロールケーキ!!

ウェディングケーキとして用意されたのは、まだ巻かれていないロールケーキ。
最後の仕上げはゲストの方々と一緒に巻いて完成!

実はこのロールケーキの生地は、ご新郎様が前日に、ご新婦様に内緒で焼いたものでした。

新郎新婦とゲストの愛がつまった、世界にひとつだけのウエディングケーキでケーキ入刀♪


承認の証は「キャンプファイヤーの火!」

『伝えなきゃいけない心の中の想いを大切な人へ伝えたい』という想いから、挙式シーンでよく見られる指輪の交換や結婚証明書へのサインなく、ただ、心の想いを伝える挙式に!

フィナーレには、全員から承認の証として、代表者の手で点火してもらってキャンプファイヤー!


しかしこの壮大な結婚式にも苦労の舞台裏が・・・

廃校の小学校をつかった、心のあたたまる手作り結婚式。

実はなんと、その当日の朝まで大雨だったのです!
挙式・パーティ会場にしていた校庭も、池と化す非常事態。

校庭での結婚式はできないのでは・・・
みんなの心に暗雲が立ち込めました。

でもそこはプロ集団。
どんな手を使ってでも最高の結婚式にする!という想いの強さは、不可能も可能にするのです!

全員で、文字通り泥だらけになりながら水をはき、材料をかき集め、挙式会場を作り上げたのです。

笑顔の裏には、仲間たちの汗とプライドと新婦への熱い想いが。
だからこそ喜びもひとしおですね!

▼プロ集団で創り上げる彼女らしい結婚式!壮大な舞台裏はこちらから

T&Gの結婚式場を探す

オススメ動画

T&Gの結婚式場を探す