山手迎賓館(横浜)
一覧へ戻る
REPORT
MIRAI&SHIORI

INTERVIEW - インタビュー

  • 会場をお決めになった理由を教えてください
    山手迎賓館の素敵な外観に憧れがありました。
    妊娠していたので、マタニティプランがあったこと、そして会場見学をした際に天井が高く、広々とした披露宴会場とヴァージンロードに敷き詰められた花びらの絨毯のチャペルに一目惚れ
    なによりも担当プランナーさんの熱すぎる気持ちが一番の決め手となりました。
  • ご結婚式に込められた想いを教えてください。
    マタニティウェディングでしたが、あえてお腹は隠さず、お腹の赤ちゃんと一緒に…そして家族をテーマにしました。リングガール、フラワーガール、新郎の中座のエスコートも新郎の甥姪に手伝ってもらい、新婦の中座は新婦の祖母に、両親への手紙は新婦の姉の伴奏で読み上げました。4世代を巻き込んでの結婚式で私たちも「今から家族になるんだ!」という気持ちが一層強まりました。
  • ご参加されたゲストやご家族へのメッセージ
    お越しいただいた皆様へ
    クリスマスシーズンの美しいイルミネーションに彩られた元町に佇む純白の迎賓館で大切な方々と式を挙げられたことを嬉しく思います。クリスマスをイメージした披露宴はいかかでしたか?年末の忙しいなか来た甲斐があったと思っていただけたら幸いです。式の時のDVDを今でも3人で観ています。皆様のお言葉や表情のひとつひとつが私たちを幸せにしてくれます。お越しいただきまして本当にありがとうございました。
  • ご結婚式を終えてのご感想とこれからご結婚式を迎えるカップルに向けてアドバイスをお願いします
    満足のいく式になることは間違いありません。決して安いものではないですが相応の価値はあると思います。ゲストからの評価も上々です。
    私たちは準備期間が3ヶ月しかありませんでしたが当日までの準備のプランニングがしっかりしていたので安心して進めることができました。
    当日、新婦は妊娠7ヶ月でしたが、スタッフの皆さんが最後まで体調を気遣ってくれたので、安心して式を挙げることができました。
    大変な事もあるけれど、式を挙げることによって3人で歩んでいくと決意表明もでき、親になるというけじめをつけるいい機会になりました。マタニティウェディングもいいものです!
  • ご結婚式の中で印象に残った場面
    新婦の中座のエスコートを新婦の祖母に頼んだのですが、事前に祖母には伝えずに中座のタイミングでサプライズでお願いしました。驚きと感動で目に涙を浮かべ孫の中座のエスコートをする新婦の祖母の姿に会場が和やかな雰囲気になったことがとても印象に残りました。

MESSAGE - メッセージ

  • ウェディングプランナーへのメッセージ
    横山さん!
    男性プランナーということで、始めは不安がありました(笑)しかし横山さん自身、2児の父であるため、初めてお会いした時から新婦の体調を気にかけてくださり、こんなに妊婦に親切な男性は新郎以外でいないと思いました。そして、プランニングが苦手な新郎も同じ男目線で話せたのもよかったです。ズボラな性格の私たちなので、たくさん迷惑はおかけしたと思いますが短期間でここまで良い式にできたのは横山さんのおかげです。横山さんが初めにおっしゃっていた「絶対に後悔させません!」本当にその通りでした。横山さんでよかったと心から思います。素敵なジャスマリにして頂きありがとうございました。当日、最後にお話する時間がなかったので、いつか子供と3人で遊びに行きます。
  • ウェディングプランナーからおふたりへのメッセージ
    未来さん 汐里さん
    この度は本当におめでとうございました!!
    未来さんのおっしゃるようにきっと最初は【男性】という所でご不安も与えてしまったかと思います・・・実は気付いておりました!笑
    ただ未来さんは、毎日お仕事も夜分までにも関わらず、疲れを見せず常に汐里さんの事を心から大事にされ、体調を気遣われながらご準備をご協力頂きました。その姿勢は同じ男として、子供を持つ親として尊敬してました。また汐里さんもご体調の変化がすごく結婚式のご準備、想像ができない程大変で沢山無理をさせてしまったかと思います。
    そんな中、ファミリークリスマスパーティーという温かいテーマを基に、数々のサプライズを組み込んだお二人オリジナルのパーティーはどこを見渡してもオンリーワンです。
    今年も来年も再来年も毎年、毎年是非ご結婚式を思い出していただいて、遊びにきてくださいね。
    私はもちろん、会場のスタッフ全員でお待ちしております。本当に本当におめでとうございます!!

    山手迎賓館 ウェディングプランナー 横山 直哉