麻布迎賓館
一覧へ戻る
REPORT
NAOAKI&YOHKO

INTERVIEW - インタビュー

  • 会場をお決めになった理由を教えてください
    私達の理想の結婚式は、ゲストとワイワイ楽しく、自分の大切な人達が「おめでとぉー」ってみんなで近寄ってくるような、一体感のある結婚式でした。そこで、ハウスウェディングを選んでおり、その中でも特にT&Gさんの『自宅にゲストをお招きしてパーティーをする』という1会場1カップルの形に惹かれました。私達の好きな人達や好きな物でいっぱいにした『邸宅』にゲストをお招きして、結婚の誓いをしたいと思っていました。麻布迎賓館の前に、7つほどの会場を見ましたが、気になった2つはどちらもT&Gさんの式場。ハウスウェディングでアットホームなんだけど、上品さ、厳かさを持っているように感じました。しかし、2人の意見の食い違いや、結婚式の値段の高さに圧倒されて「結婚式しなくてもいっかぁ~」という話もでた頃、最後にと見学したのが麻布迎賓館でした。入った時から、そのアットホームな雰囲気やいい意味でコンパクトな感じが、まさに『自分の邸宅(失礼(笑))』という印象を受け気に入りました。そして、何より、そこで出会ったプランナーの三上さんが「もう結婚式しなくてもいっか」という気持ちから、「具体的にこんな結婚式したい!」と思わせてくれたことが決定打でした。提案してくださるアイディアが新鮮で、私達の結婚式に対する妄想をより楽しいものに膨らませてくれるものでした。
  • ご結婚式に込められた想いを教えてください。
    私達は、新婚旅行で『世界一周』に行ってきました。私も彼も旅行が大好きで、長年の夢がここで叶ったのです。世界一周に行く上で、家族はもちろん、友達や親族にも非常に助けられました。結婚式では、そんなゲストの方たちに、私達がどんな旅行をしたのか、そして私達が見つけた素敵なものを紹介したいと思っていました。旅行に行くと、新しい物との出会いに感動したり心がわくわくするように、私達の結婚式を通して、ゲストに私達のオリジナルのアイディアでわくわくしてもらえるように心がけました。例えば、席札は旅行の写真に名前とメッセージを書いてラミネートしたものにしたり、階段の手すりや写真フレーム、テーブルの上といたるところに旅行の写真を飾ったり、世界の結婚式の様子をレポートしたものを待合室に飾ったり。中でも、ウェルカムドリンクでは私達の一番のお気に入りの国『スリランカ』の特別アイスティーを出していただきました。
  • ご参加されたゲストやご家族へのメッセージ
    『結婚して世界一周いってくる!』なんて無茶なことを言ったのに、最後まで応援してくれた家族、特に母にはとても感謝しています。いつも自分の好きなことに向かって突っ走れるのは、本当に家族のおかげだと思っています。当日は、想像していたより楽しんでくれた兄、涙を流してくれた義姉、満面の笑みで一生懸命写真を撮ってくれてる友達やすごい余興をやってくれた友達、そして「きれいだよ」と言ってくれた母。そんなみんなの笑顔を見るだけで涙が出そうになりました。私達の大事な人たちに「おめでとう。幸せになってね」と言われることで、「これから2人で新しい家族を築く」という結婚の重みを感じることが出来ました。大事な人に心からお祝いしてもらえたからこそ、そう感じれたんだと思います。しっかり幸せになります(^o^)ありがとうございました。
  • ご結婚式を終えてのご感想とこれからご結婚式を迎えるカップルに向けてアドバイスをお願いします
    「本当に結婚式をしてよかった」というにつきます。大事な誓いができた事ももちろんよかったことですが、一番は「大事な人に感謝の気持ちが伝えられたこと」です。ゲストそれぞれのイメージの写真で作った席札の裏に書いたメッセージはなかなか普段言えないことだし、両親への手紙もそうです。「ママみたいな母親になりたい」なんて、私はなかなか言えないので(^^;)親戚に、小さい頃お世話になりましたっていうのもプロフィールムービーだからこそ、上手に伝えられると思って活用しました。
    「感動させたい」と思うと大変かもしれないですが、一人ひとりのゲストに感謝の気持ちが伝わるように工夫すると考えるともっと準備がしやすいと思います。そして、当日は細かいことは気にせず、自分たちが幸せいっぱいでいることだと思います。プロのスタッフの方たちがたくさんサポートしてくれるので、私達はその時間を幸せに過ごすだけで大丈夫でした。
  • ご結婚式の中で印象に残った場面
    一番感動したのは、挙式の退場です。ゲストの方々のすごく素敵な笑顔で、心からの「おめでとう」の声が四方八方からふってきて、涙がとまりませんでした。あと、これはびっくりしたエピソードです。式後、もうゲストの方々が帰られたり、二次会に向かったあと、私達も式場を出る時に、扉をあけると全スタッフさんが立って待っていてくれてお見送りをしてくれました。その数の多さに本当にびっくりしました。多くの人に支えられてこのような素晴らしい日を迎えられたことに本当に感謝しています。

MESSAGE - メッセージ

  • ウェディングプランナーへのメッセージ
    まずは、最初に会った日のことを感謝しています。結婚式をするかしないか本気で悩んでいた私達に、素敵な結婚式の提案をしてくださったことで、「素敵な結婚式を絶対したい!」と思う事ができました。世界一周旅行をしながらの結婚式準備で、「オリジナルのアイディアを取り入れたい!」といいつつも、帰国は約2週間前の強行突破スケジュールになってしまいました。それにも関わらず、大満足の結婚式が行えました。それは、三上さんが私達のために、わかりやすいようにスケジュールを単純な表に直してくれたり、メールでのやりとりをこまめに行ってくれたからだと思います。ありがとうございました。
  • ウェディングプランナーからおふたりへのメッセージ
    直明さん、陽子さん
    この度は本当におめでとうございました。お2人と初めてお会いした時、旅行が大好きで世界一周旅行をしながら準備をする話を聞き、衝撃だったのを覚えています。お2人とお話をしていくうちにアイデアがたくさん生まれ、打合せをしている気分になり是非お手伝いしたい!と強く思ったことをつい先日のように思い出します。明るくいつも前向きで、来ていただく方に楽しんでもらいたい、感謝の気持ちを伝えたい、そんな想いがとても伝わりそれを形にしたいと素直に思いました。お2人こそ強行スケジュールにも関わらず、頑張って準備をしてくださいましたね。
    ブログを書きながら準備をし、その中で世界の結婚式のことやお2人の準備の事、麻布迎賓館の亊を書いてくださり私も毎回楽しみでしたしとても嬉しかったです。当日は、本当に暖かい式になりましたね。皆様からたくさん愛されているのが肌で感じましたし、一つ一つのシーンがとても感動的でした。いつもどんな時も「ありがとう」と言い合っているお2人だからこそ、ゲストに対して「ありがとう」という気持ちが伝わったのだと思います。こらからもお2人仲良く笑顔の絶えない明るい家庭を築いてくださいね。お幸せに~
    麻布迎賓館 三上