アーカンジェル代官山
一覧へ戻る
REPORT

紫陽花
TOMOYA & SACHIE

■装飾テーマ■

①6月梅雨まっただ中。紫陽花の優しい色味を見ていると、たとえ雨が降っても明るい気持ちになれる。そんなご新婦様の思い

②ご両家様とも仲が良く、お二人ともおばあ様をとても大切に思っている事。ご新郎様は弟様の影響で格闘技の世界に進み、格闘家のプロになってからも一番のファンで一番の理解者で居続ける弟様への思い。3姉妹の末っ子であるご新婦様とお二人の中をずっと見守ってきたお姉様たちとの関係、そして末っ子のご新婦様を送り出す親御様のお気持ち。家族を軸に一日を過ごしてほしいと感じました。

③お打合せ中に発覚したご新婦様のご懐妊。新しい家族が生まれてくるキセキ。

以上3つのポイントから「家族のつながり」という花言葉を持つ「紫陽花」をパーティコンセプトに決めました。紫陽花をふんだんに使用し、お二人の雰囲気に合う柔らかい色合いを大切に装飾しました。

■オリジナルコンテンツ■

・スタッフのブローチ
ご新婦様手作りの紫陽花のフェルトブローチを当日お手伝いをするスタッフ全員でつけました

・おばあ様へのサプライズフラワーリング
お二人ともにご中座の相手にはおばあ様をご指名!紫陽花モチーフのフラワーリングをはめて感謝の思いを述べてから手をつなぎ一緒に中座しました。

・2nd入場は弟様とスパークリングをしながら
ご新郎様が格闘家に進むきっかけを作り、一番の理解者である弟様と格闘家らしくスパークリングしながらガーデンから登場!

・両家家族全員で作る紫陽花ブーケ
ご新婦様と生まれてくる赤ちゃんへのプレゼントという意味で、両家家族全員とご新郎様でチャペルでこっそり紫陽花のブーケを作りました。