アーカンジェル代官山
一覧へ戻る
REPORT
KENGO&TOMOYO

INTERVIEW - インタビュー

  • 会場をお決めになった理由を教えてください
    初めてブライダルフェアに参加したとき、クラシックで素敵な雰囲気に一目ぼれ。
    レッドカーペットの敷かれた大階段やお洒落な内装、緑がさわやかなガーデン・・・どれも私達が求めていた
    「厳かでいて、アットホームな結婚式」にぴったりな会場でした。
    会場の造りだけではなく、貸切なだけに自分達の手で一から結婚式を作り上げることができること、
    プランナーさんやスタッフの皆さん対応の良さも魅力的でした。
    愛犬が呼べるというのも他の会場ではなかなかないポイントでした。
    1回の訪問で、「ここでこんな結婚式を挙げるんだなぁ」というイメージが自然と沸き、即決しました。
  • ご結婚式に込められた想いを教えてください。
    テーマは「感謝を伝えるアットホームな結婚式」。
    結婚式の準備を進めていく中で、私達は家族や友人など、たくさんの人に支えられ、大切にされて今日までこれたんだということを改めて感じました。「全てのゲストに感謝の気持ちを伝えたい」という想いで、一人ひとりに手書きのメッセージを入れたアイテムや、プロフィールムービー、ペーパーアイテムも自分達で作りました。また、ロビーには思い出の品や写真を飾ったり、お手洗いは日焼け止めや汗拭きシートなどのアメニティを用意。自分たちで会場をデコレーションできるのは貸切だからできる醍醐味でした。
    また、新郎は6ヵ月程前から新婦へ感謝を気持ちを込めたメッセージムービー&ワイングラスを手作り。
    新婦は母親が結婚式を挙げた際のウエディングドレスを着て、祖父母へ花束をプレゼント。
    それぞれ想いの詰まった演出をしました。
  • ご参加されたゲストやご家族へのメッセージ
    <新郎>
    両親はじめ、2人の似顔絵を描いたウェルカムボードのプレゼントを持って、遥々遠い海外から来てくれた兄。
    いつも優しくて頼れる姉。小さい頃から可愛がってくれた親戚の方々。日頃大変お世話になっている職場の方々。
    遠方遥々来てくれた地元の友人や普段一緒に笑い合って来た友人。
    本当に多くの方々のこれまでの支えに感謝の気持ちで胸がいっぱいな1日になりました。これからもよろしくお願いします!

    <新婦>
    結婚式を終えた今でも、家族で集まると自然と式の話題になり、写真を見返すお父さんとお母さん。お祝いといって、4ヶ月かけて大きなウェディングケーキのオブジェを造ってくれた兄。結婚式で私を見守る家族の姿はとても温かく、この家族の娘として大切に育てられて、幸せ者なんだなぁと感じました。本当に感謝しています。ありがとう。これからもたくさんお世話になります!
  • ご結婚式を終えてのご感想とこれからご結婚式を迎えるカップルに向けてアドバイスをお願いします
    当日は緊張したり泣いたり笑ったりで、あっという間に終わってしまったけれど、結婚式を終えた今でも、思い出すと
    幸せな気持ちになってしまうほど色んな場面が心に残っています。理想の結婚式以上に、素敵な式を挙げられた私達は本当に幸せ者です。
    ゲストからは「時間を忘れてしまうほど楽しくて素敵な結婚式だった!」「2人のもてなしが色んなところに散りばめられていて温かい気持ちになったよ!」と嬉しい言葉を頂きました。
    また、スタッフの方が式中に車椅子の祖父のサポート、愛犬のお世話係りさんも付けて頂いていたことを式後に家族から聞き、スタッフ皆さんが私達の見えないところまで、ゲストを大切にもてなしてくれていたことにとても感謝しています。
    準備は本当に大変だったけれど、行き詰まった時には、担当プランナーさんが相談に乗ってくれたり、様々なアイディアを提案して下さり、最後まで私達を支えてくださいました。
    これから式を挙げられる方は、やってみたいことや不安なこと、どんな小さなことでも担当プランナーに相談することをオススメします。理想の結婚式をプランナーとスタッフ皆さんが実現してくれる式場だと思います。
  • ご結婚式の中で印象に残った場面
    お色直しは28年前に母が結婚式で着たウェディングドレスを着て母と入場。小さな頃から憧れだったウェディングドレスを自分の結婚式で着る日が来るなんて、本当に嬉しくて幸せでした。この日の為にドレスを大切に残してくれていた母に感謝の気持ちでいっぱいになりました。まさかの「白」のドレスでの登場にゲストも驚いていて、このドレスを目にしたことのある親族や家族にも良いサプライズになったようです。2人の生い立ちビデオの上映後の演出だったこともあり、涙してくれるゲストもいました。特に父の感慨深い表情が印象的でした。
    入場後、小さな頃から私を大事にしくれた祖父母に感謝の気持ち込めて花束をプレゼントしました。すると、ほとんど動けない祖父が手を叩いて喜んでくれてました。祖父母の笑顔を見て、温かい気持ちになり、涙ぐんでしまいました。
    もう祖父に会うことはできませんが、この結婚式で感謝の言葉を伝えることができて、本当に良かったと思っています。

MESSAGE - メッセージ

  • ウェディングプランナーへのメッセージ
    <新郎>
    何度も打ち合わせや、やり取りを重ねる中で、私達からの数々のわがままや、どんな些細な疑問・質問にもいつも丁寧に応えてくださいました。その姿がとても頼もしく、信頼して流田さんにお任せすることができました。
    新郎から新婦へのサプライズは、新婦には内緒で何度も連絡を交わし、本番直前まで色々な相談をさせて頂きました。おかげ様で新婦に一切気づかれることなく、とても喜んでもらえるサプライズになりました。最後まで担当して頂き、本当にありがとうございました。
    <新婦>
    演出の打ち合わせ中、私が「このウェディングドレス(母のもの)を着た花嫁から花束を受け取るのは、祖父母にとっては2回目なんですねぇ。」とポロっと言ったら、「それやりましょう!」と流田さんが涙目で言ってくれたことが印象に残っています。私達と同じ気持ちで、一緒に結婚式を作って下さっているんだな、と改めて感じました。流田さんがいたから、こんなに素敵な式ができました。最後の最後まで本当にありがとうございました。最後に一緒に写真が取れなかったのが心残りです・・・。
  • ウェディングプランナーからおふたりへのメッセージ
    健吾さん・智世さん
    この度はご結婚誠におめでとうございました。
    お2人とは何度もお打ち合わせをさせて頂き、色々な話をしながら当日を迎えましたね。
    その中でも、一番印象に残っていることはやはり智世さんのお母様が娘である智世さんの為にウェディングドレスをとっておかれたというエピソードでした。すごく大事にされておりサイズもピッタリ!是非それを結婚式で着たいという智世さんはとても幸せに満ち溢れた顔をされており、ご家族に大切に育てられたんだなーと温かい気持ちになったのを覚えています。また、進行はたくさんの方に感謝の気持ちを伝えることがテーマで一緒にゲストが喜んでもらえる事を考えましたね。メッセージが浮き上がるキャンドルの演出では色々な方がお2人のメッセージをみて、涙をされていらっしゃった事がとても印象的でした。
    健吾さんもいつも智世さんの事を思う優しい方で、サプライズが成功するように一緒に話したりと私もとても楽しくお打ち合わせをさせて頂くことが出来ました。
    お打ち合わせが無くなり、お2人と会えないのはとても寂しいですがこれからもお2人の末永いお幸せを心よりお祈りしております。

    流田 絵梨子