アクアガーデン迎賓館(沼津)
一覧へ戻る
REPORT
HITOSHI&YUKARI

INTERVIEW - インタビュー

  • 会場をお決めになった理由を教えてください
    他の会場も検討していましたが、ブライダルフェアに参加して即決してしまいました。立地や会場の設備の良さはもちろんですが、決め手は手入れの行き届いた清潔さと、何よりスタッフの方々の応対の素晴らしさでした。ここならきっとゲストの方々も喜んでくれるし、私達自身も安心して式を挙げられると思ったのが選ばせていただいた理由です。また、決まったプラン通りの進行ではなく、自分達で内容を組み立てることが出来たので、より自分達らしい式が出来ることも決め手の一つでした。
  • ご結婚式に込められた想いを教えてください。
    参列して下さったゲストの方々は、幼少期・学生時代・社会人の現在など、いろんな場面でたくさんお世話になっていました。その方々へ感謝の気持ちを伝えると共に、「精一杯おもてなしをしたい」、「これから先もこの繋がりを大切にしていきたい」というのが最大のテーマでした。たくさんお話をする機会が取れるようにテーブルラウンドを増やしたり、歓談の時間を多く取ったりと、ふれあいを大切にしました。
  • ご参加されたゲストやご家族へのメッセージ
    親、兄弟姉妹には相談に乗ってもらったり、準備を手伝ってもらったりと、何かと力になってもらい、とても感謝しています。また、親族・友人では遠方から参列して下さった方も多くいらっしゃいましたが、みなさん快く出席してくださり感謝しています。また、たくさんの方が当日より以前から「楽しみにしている」とのメッセージをもらえたことで、私達も準備を頑張ることが出来ました。終宴後にはゲストのみなさんから「とても良かった」とのお言葉を多くいただきました。あのような素晴らしい式を挙げられたのも、出席してくださったゲストの方々あってのことですので、とても感謝しています。本当にありがとうございました。
  • ご結婚式を終えてのご感想とこれからご結婚式を迎えるカップルに向けてアドバイスをお願いします
    準備中は何度かケンカもしましたし、挫けそうになったこともありました(笑)しかし、新郎の母に「二人でこれを乗り越えれば大きな財産になる」と励ましの言葉をかけてもらい、その言葉を胸に頑張りました。おかげで本当に素晴らしい式になり、“良い思い出”というだけではなく、協力し乗り越えられた自信が、家族となった二人のこれからスタートする新生活の大きな糧となりました。結婚式は女性のものというイメージが強いかもしれませんが、主役は新郎新婦でもありますが、実際には結婚式に参加してくれた全員のものなんだというのが実感です。この意識があれば、最後まで二人で協力しあえると思いますし、達成感はひとしおですよ。
  • ご結婚式の中で印象に残った場面
    一番心に残ってるのは、テーブルラウンドです。一度目は披露宴の入場時にキャンドルリレーを行いました。一番初めにゲストのみなさんの楽しそうな表情を見ることができ嬉しかったですし、私達も緊張がほぐれ、以降に進むことが出来ました。そのキャンドルを全員が一度に吹き消すことによって、真っ暗になった会場には天使が舞い降りてくるとの逸話も聞いていたので、そちらも楽しみにしていました。
    二度目は中座後のウエディングツリーラウンドでした。葉っぱのシールを張ってもらう形式にしましたが、みなさんが楽しんでくれたように思いますし、たくさんお話も出来たので、やって良かったと思いました。

MESSAGE - メッセージ

  • ウェディングプランナーへのメッセージ
    (新郎)毎月の打ち合わせでたくさんのアドバイスと協力を得て、どんどん形になって見えてくることで、気持ち的にも盛り上がり、準備も着々と進み、無事に当日を迎えることが出来ました。野村さんと出逢えたことで私達の描いた絵空事だった結婚式が全て現実世界となり、一生の大切な想い出として心に残りました。ありがとうございました。

    (新婦)人前に出るのが得意ではないので、結婚式への憧れはあったものの、どちらかといえば不安のほうが大きいというのが一番初めの正直な気持ちでした。しかし、野村さんの提案や、親身な姿勢、そして何よりその笑顔に救われて、不安はいつの間にかなくなり、楽しみと期待に変わりました。きちんと結婚式を挙げる事ができて、アクアガーデン迎賓館さんで挙げることができて、野村さんと一緒に創ることができて本当に良かったです。言葉では言い尽くせないほど感謝しています。
  • ウェディングプランナーからおふたりへのメッセージ
    一吏さん☆有加里さん 先日は誠におめでとうございました。互いを思いやり、温厚でお優しいおふたり、会場見学の時から会場にご来館の際にはいつも手をつないでいらっしゃり、うらやましいほどの仲良しカップルです。ご見学の際に記念日を大切にされていらっしゃることも、お打合せが始まってご結婚式を特別なものとお考え頂いていることも伝わってまいりましたので、おふたりの結婚式への想いがしっかり反映できるように、テーマも一緒に考えさせて頂きました。意見を多くはおっしゃらない有加里さんの想いを汲み取りたい、一吏さんの想いも叶えたい、そんな想いでご提案をしておりました。笑顔の素敵なおふたりにお会いできるお打合せは、いつも幸せな気持ちになっていましたし、何より楽しい時間でした。ご結婚式当日、おふたりの人柄を感じるゲストの皆様にお会いすることが出来ました。ずっと温かい時間が流れていて、笑顔も涙も溢れる時間でした。ご家族様もご友人様もおふたりのためにと、一生懸命準備や練習をなさっていたことも伝わってきて、担当の私も胸が熱くなる瞬間や涙してしまうことが多くございました。あの日おふたりに出逢えたこと、担当としてお手伝いさせて頂けたことを心から嬉しく、そして誇りに思います。おふたりが笑顔で幸せでいてくださることが一番の幸せです☆人前式で誓われた素敵な言葉を胸にいつまでも仲良しでいてください。改めまして、本当におめでとうございます。ご多幸をお祈り申し上げます☆