白金倶楽部
一覧へ戻る
REPORT
IKUMI&RIKA

INTERVIEW - インタビュー

  • 会場をお決めになった理由を教えてください
    たくさんの結婚式場や結婚式プランがある中で、私たちらしい結婚式ができたらいいな。それが会場見学の時に大事にしていたポイントでした。白金倶楽部は、会場貸切で私たちとゲストだけの特別な時間が過ごせること、スタイリッシュでありながらアットホームな
    パーティー会場で、オリジナルな結婚式を創り上げられること、すべてが想像以上で即決でしたね。
  • ご結婚式に込められた想いを教えてください。
    「大切な方々に近くで見守ってもらえる笑顔あふれる結婚式にしたい」というのがふたりの願いでした。プランナーさんと相談していくうちに、ふたりの共通の趣味である「映画」をテーマにすることに決めました。映画パンフレット風に作った席次表、映画音楽でまとめたBGM、思い出の映画のポーズと小道具で決めたテーブルフォト・・・ゲストからも「こんな素敵な結婚式初めて!」「楽しかった!」という声をたくさんもらいました。何より「ふたりらしい結婚式だったね」と言われたのが嬉しかったです。すべてのシーンが心に残る大切な映画のような一日になりました。
  • ご参加されたゲストやご家族へのメッセージ
    私たちの希望を尊重し、最大限のサポートをしてくれた両家の家族に感謝しています。ドレス選び、ウエルカムグッズ・・・いっぱい相談したね。結婚式を迎えるにあたり、私たちがどれほどたくさんの愛情に包まれて育ったのかを改めて実感しました。当日は、家族の笑顔に包まれて本当に幸せでした。私たちが育ったような温かい家庭を築いていくので、これからも見守っていてね!
  • ご結婚式を終えてのご感想とこれからご結婚式を迎えるカップルに向けてアドバイスをお願いします
    振り返ると、結婚式の準備から当日までの日々が、ふたりの絆をさらに強くしてくれたような気がしています。準備は大変なこともありますが、プランナーさんはじめスタッフのみなさんが力強くサポートしてくれるので、大丈夫!ふたりの希望や想いをどうか大切に、素敵な結婚式を創り上げてくださいね!
  • ご結婚式の中で印象に残った場面
    映画のポーズで決めたテーブルフォト。普段は厳しい上司がぬいぐるみを持って笑顔でポーズしたり、90歳近い両家の祖母がハジけたり、気が付けば初対面のゲスト同士で交流が生まれていて新郎新婦がびっくりなんてことも!新郎新婦とゲスト、ゲスト同士の距離がぐっと近づいた、キセキのような瞬間でした。

MESSAGE - メッセージ

  • ウェディングプランナーへのメッセージ
    会場見学から当日までいつも笑顔で支えてくださった徳永さん。アイディアあふれる打ち合わせは毎回楽しくて(いつも遅くまでありがとうございました!)、結婚式を終えた今は寂しいくらい(笑)仕事との両立で大変だった直前期などは、徳永さんの温かいメールや笑顔に本当に支えられました。おかげで当日は最高の映画のような一日になりました。幸せな時間と大切な思い出を、本当にありがとうございました。
  • ウェディングプランナーからおふたりへのメッセージ
    育民さん、梨花さん、ご結婚おめでとうございます。
    初めてお会いした日、映画のような一日を作りましょう!と意気投合したのを今でも覚えています。
    たくさん笑って、たくさんお話をして、毎回の打ち合わせがとっても楽しみでした。
    どんな時でも笑顔を絶やさない、憧れのキャリアウーマン梨花さんと、そんな明るい梨花さんがいつも笑顔でいられるよう支える、優しくて頼もしい育民さん。
    お仕事が多忙なはずなのに、宿題は毎回完璧でしたね!
    席次表の完成度の高さには脱帽!「記念に」と頂いた分は今でも大切に保管しています。笑
    当日はゲストの皆様と楽しそうに過ごされるお二人の笑顔が印象的でした。皆様がノリノリだったのも、お二人が誰よりも楽しそうに過ごしていらっしゃったからこそ!お二人の人柄が表れた、温かいパーティーになりましたね。
    お2人に出会えた事、当日までお手伝いさせて頂けた事、本当に嬉しく思います。これからもお2人らしく楽しく明るい、笑顔の絶えない家庭を築いてくださいね。末永くお幸せに!!!