ベイサイド迎賓館(長崎)
一覧へ戻る
REPORT
TAKURO&NAOKO

INTERVIEW - インタビュー

  • 会場をお決めになった理由を教えてください
    ブライダルフェアに言ったときに、予約なしの飛び込みにも関わらず丁寧な対応をしていただき、とても感動しました。
    海が見えるロケーションや、白とブラウンを基調とした会場の雰囲気が夏の結婚式にピッタリで、ぜひここで式を挙げたいと思いました。
    また、バリアフリーだったので車いすのゲストにも安心して招待できました。
    スタッフの方の対応も非常に良く二人のイメージする「楽しい結婚式」を実現できると思えたのが一番大きいです。
  • ご結婚式に込められた想いを教えてください。
    まずは、「ゲストの方々に楽しんでもらうこと」。そして「これまで支えてくれた方々に感謝の気持ちを伝えたい」と思い、プランを立てました。
    とくにこだわったのは、ゲストと一緒に楽しめるよう、演出を盛りだくさんにすることです。
    挙式は人前式スタイルで、黒板を用いた結婚証明書や、リングリレーなど、ゲストも参加してもらえるようにしました。
    披露宴では、フォトラウンドにすることで、ゲストと話ができるようにしました。
    また、席次表と席札、プロフィールビデオなど、できるだけ手作りにしました。とても大変でしたが、自分たちの気持ちが伝わるものができたように思います。手伝ってくれた比嘉ちゃん、家族のみんな、本当にありがとう。
  • ご参加されたゲストやご家族へのメッセージ
    暑い中、お集まりいただきありがとうございました。たくさんの心温まるお言葉はいまでも、私たちの心の支えとなっています。
    皆様に支えられて、今の二人があることを実感した一日でした。感謝の気持ちでいっぱいです。
    これからも未熟な二人をどうか温かく見守ってください。
  • ご結婚式を終えてのご感想とこれからご結婚式を迎えるカップルに向けてアドバイスをお願いします
    楽しすぎて、もう一回迎賓館でやりたい!と思ったくらい、あっという間の一日でした。
    私たちはやりたいことがありすぎて、最後の最後までバタバタしていましたが、妥協しなくてよかったと思います。
    支配人さんやプランナーさん、スタッフの方々のおかげです。
    これから結婚式を挙げる人は、やりたいことや思いついたことは、遠慮せずに相談してみてください。迎賓館のスタッフは優秀ですよ!
  • ご結婚式の中で印象に残った場面
    ゲストの方々に楽しんでもらうこと、さらに新婦にも楽しい驚きのある結婚式にしたいと思っていました。迎賓館スタッフの協力も得ながら、お色直しのブーケを前日に手作りして、再プロポーズをすることに。手作りブーケと、プロポーズに新婦はもちろん喜んでくれて、ゲストの方々も温かい雰囲気でそのプロポーズを見守ってくれました。会場の人たちとの絆を感じることができた、今も忘れられない1シーンです。

MESSAGE - メッセージ

  • ウェディングプランナーへのメッセージ
    比嘉ちゃん、二人のわがままを叶えてくれてありがとう!打ち合わせも楽しくて時間を忘れるほどでした。あまりに楽しく、盛り上がって式の日を伸ばしたいとも思いました。サプライズに向けた秘密の打ち合わせも忙しい中、時間を割いてくれてありがとう。式の直前には3人で力を合わせて最後までやり遂げたね。これからも仲よくしてね。
  • ウェディングプランナーからおふたりへのメッセージ
    拓郎さん、尚子さん、ご結婚誠におめでとうございます。
    こだわりたくさんの演出、手作り一杯でご準備もさぞかし大変だったと思います。
    忘れませんよ、拓郎さんと席次表を一緒にクルクルして完成させて夜。
    お二人とBGMのお打合せやプチギフト詰めを頑張った夜。
    それぞれの出来事がすごく思い出深く、その分当日が非常に短く感じました。
    挙式の時点で「涙腺が壊れた」とおっしゃった拓郎さんの一言はすごく感慨深いものでした。
    その後もたくさんたくさん泣いていらっしゃいましたね。
    その度に、私自身が幸せを頂戴しておりました。
    ゲストの皆様方と結ばれていた固い絆がより強固なものになった、そんな一日だったのではないでしょうか。
    拓郎さん、また尚子さんへサプライズする時はご相談ください。
    また、尚子さんを嬉し泣きさせましょう。
    これからも、素敵な素敵なお二人のまま、最高に明るく楽しい家庭を築かれてください。