北山迎賓館(京都)
一覧へ戻る
REPORT
NOZOMU&YURI

INTERVIEW - インタビュー

  • 会場をお決めになった理由を教えてください
    以前,冬に2人でイルミネーションを見に行き,ライトアップされた凱旋門を外から眺めて「こういうところで結婚式が挙げられたらなぁ。」と憧れの気持ちを抱いたことがありました。そして,結婚が決まり,一番に北山迎賓館の見学に行きました。憧れだった凱旋門をくぐり,プールを目の前にすると青いプールと空に白色の外壁がとても映えていてうっとりしました。真っ白の披露宴会場の華やかな雰囲気と,それとは対照的な茶色のチャペルの落ち着いた雰囲気に惹かれました。ただ,人生で一度の結婚式…他の会場にも見学に行きました。しかし,“北山迎賓館で結婚式を挙げている姿しか想像できない”と2人が同じ思いを持っているという結論に!貸切という譲れない条件に,凱旋門,プール,白い建物といった魅力が加わり,2人で納得して決めました。
  • ご結婚式に込められた想いを教えてください。
    これまで自分たちの成長を一番に考えてくれていた両親への感謝とこれまでの自分たちにつながるゲストの方への感謝を伝えたいというのが,テーマでした。こだわったところは,2人にしかできない結婚式です。一つ目は,プロポーズの地でもある思い出の地,沖縄をイメージしました。プールには美良海水族館のイルカを思い出せさせるイルカを浮かべ,“めんそーれ”というボードの前には沖縄で作ったウェルカムシーサーを置きました。二つ目は,サッカー好きの新郎とマリメッコ好きの新婦という2人らしさを全面に出しました。入ってすぐプール前のウェルカムボードはサッカーコートにし,受付のウェルカムボードはマリメッコ柄にしました。芳名帳もマリメッコ柄のキャンバスにしたいと思い,手作りのものを用意しました。そして,ウェディングトスの後は,新郎によるサッカーボールトスを行いました。サッカーをする友達の手に渡り,よかったです。
  • ご参加されたゲストやご家族へのメッセージ
    最終決定する前に北山迎賓館を実際に訪れたお父さん,お母さん。一緒に歩きながらチャペルを見た時のお父さんの後ろ姿は今も心に強く残っているよ。嬉しいとういうよりは寂しい後ろ姿でした。あの日から1年半…結婚式への準備期間は心の準備期間でもあったように思います。両家のお父さん,お母さん,これまで私たちの成長を一番に考えてくれてありがとう。2人とも,両親が大好きで大切です。両親を見習って家族がお互い大切に思えるような温かい家庭を築くね。これからいつまでも両家の両親は,2人の目標です。
  • ご結婚式を終えてのご感想とこれからご結婚式を迎えるカップルに向けてアドバイスをお願いします
    結婚式を終えて思ったことは,“もう一回結婚式を挙げたい!”ということです。それほど,結婚式の一日が宝物であるということです。人生で一度の結婚式…いろいろな憧れはあっても,それを形にするための準備は正直とても大変です。意見が食い違うこともありました。仕事と結婚式の準備の両立に苦痛を感じることもたくさんたくさんありました。“もう,これでいいやん!”と思ってしまいそうにもなりましたが,その分一つ一つが形になっていくことへの喜びは大きいです!2人の価値観を知ったり,歩み寄ったりするチャンスでもあります。この幸せな忙しさは人生で一度しか味わうことができません。2人でいろいろ準備に追われる時間こそ幸せな時間です。そして,結婚式当日は,この忙しさがあったからこそ一分一秒が思い出となります。本当に結婚式っていいですよ!準備も楽しんでくださいね!
  • ご結婚式の中で印象に残った場面
    チャペルでバージンロードを歩き,“指輪交換”のときにゲストのみなさんが2人のリングをリボンに通して繋いでいる姿を眺め,感謝の気持ちを抱くとともにみなさんに繋いでいただいた指輪にこれからの幸せへの決意を強く感じました。2人にとって大切な方々がそれぞれ1本のリボンで繋がっているこの時間が印象に残っています。披露宴では,2人の共通の友人たちからの余興の最後に新郎からのサプライズ手紙のプレゼント。忙しいなか友人と新郎が連絡を取り合って準備をしてくれていたこと,新郎からの初めての手紙に涙が溢れました。そして,新婦からは新郎のお母さんからの言葉を曲とともにスクリーンで流すサプライズ。30年間育ててくれた母からの言葉に会場が涙し,何より新郎の目から涙が溢れている姿に横で新婦も涙しました。お互いが内緒に進めていたサプライズ…幸せなサプライズでした。

MESSAGE - メッセージ

  • ウェディングプランナーへのメッセージ
    初めて北山迎賓館を訪れたときから,私たちは松田さんの笑顔や話し方,人柄に惹かれました。北山迎賓館で人生に一度の結婚式を挙げよう!と決めた理由には,松田さんとの出会いが大きかったです。“担当プランナーさんは松田さんがいい!”という思いは,結婚式を終えて“担当プランナーさんが松田さんで本当によかった。”という思いに変わりました。毎回の打ち合わせでは,私たちの思いを笑って包み込んで下さいました。1年半という長い準備期間の間,たくさん笑いましたね!そして結婚式当日…控室の鏡に書かれたメッセージ,高砂席に置かれていたメッセージカード,温かい配慮が嬉しかったです。北山迎賓館での結婚式の一日は,私たち2人,両家の家族にとってかけがえのない宝物です。松田さん,本当にありがとうございました!その笑顔,本当に素敵です!
  • ウェディングプランナーからおふたりへのメッセージ
    望さん 侑里さん

    ご結婚誠におめでとうございます。
    ユーモアたっぷりのおふたりで、毎回のお打合せはとても楽しみでした!お仕事終わりのお打合せでも、いつも元気にたくさんのお話しをしてくださり、楽しくてついついお話ししすぎてしまいましたね。お打合せが始まる前から、イベントがあると必ず参加してくださり、嬉しかったです。結婚式が近づくにつれ、どんどんカタチになっていき、とても楽しみでしたね。望さん、侑里さんがお互いにこっそりサプライズのご相談をしてくださり、ご準備される姿はとても素敵でした!これからも楽しい、優しいおふたりでいてくださいね。おふたりの素敵な1日のお手伝いをさせていただけたこと、とても嬉しく思います。ありがとうございました。ずっとずっとお幸せに!また遊びにきてくださいね。

    北山迎賓館 松田彩里