ベイサイド迎賓館(鹿児島)
一覧へ戻る
REPORT
SHOHEI&AIMI

INTERVIEW - インタビュー

  • 会場をお決めになった理由を教えてください
    まず会場の雰囲気が気に入り、見学に行きました。そこで、できる演出の幅広さと一棟完全貸し切りということを知りました。私たちは遠方からお招きするゲストの方が多かったので、目の前に桜島が見えるというロケーションの良さと、交通の便の良さ、貸し切りのため開始する時間の指定ができるなど、柔軟な対応をしてもらえる点がとても良いと思いました。そして何より、スタッフの皆さんが笑顔でとても優しく、「ここにお願いしたい!」と、2人揃って思ったからです。
  • ご結婚式に込められた想いを教えてください。
    テーマは「オリジナリティ溢れ、みんなと楽しむ結婚式」。ロビーには趣味のバイクやこれまでの思い出の品、写真をたくさん飾りました。ウェルカムボードや席札、プロフィールムービー、プチギフトなどは手作りをし、BGMもそれぞれのシーンで2人の好きな曲を流してもらいました。新郎は大好きなバイクで入場し、会場を沸かせました。新婦の私が、特に印象に残っていることは、ウェディングケーキに愛犬2匹のクッキーを乗せてもらえたことと、私の母が趣味で育てているバラの花を、ウェディングとカクテル、それぞれのブーケに入れてもらえたことです。これは私の夢でもあり、母の夢でもあったので、叶えることができてとても嬉しかったです。また、母の育てた花が常に手元にあるというのは心強くもあり、たくさんの大好きなものにかこまれた、素敵な結婚式を挙げることができました。
  • ご参加されたゲストやご家族へのメッセージ
    溢れるほどの愛情でここまで育ててくれた両親。出会えて良かったと心から言えるたくさんの方々と、素晴らしい友人達に見守られ祝福されたあの日は、忘れることのできない、一生モノの結婚式になりました。皆さんと過ごした一瞬一瞬が、私たちの宝物です。これから2人、力を合わせて頑張っていきます。私たちのために、遠く鹿児島までお越し頂き、本当にありがとうございました。
  • ご結婚式を終えてのご感想とこれからご結婚式を迎えるカップルに向けてアドバイスをお願いします
    式の計画を立てているあいだは、2人で遅くまで話し合ったり、時には考えがぶつかって、投げ出したくなるときもありました。けれど、たくさん話し合い、ぶつかった分、いろいろなアイデアも浮かび、それだけお互いが一生懸命考えているんだと分かり合えたので、結果として良かったと思います。そして、家族や友人、プランナーの永仮さんや迎賓館のスタッフの皆さんにも支えられて迎えた式当日は、想像していた何倍も何倍も素敵な結婚式となりました。がんばって作ったり、悩んで決めたひとつひとつのこだわりが、皆さんに喜んでもらえ、私たちの結婚式を彩るものとなりました。大好きな人たちに祝福され、たくさん笑って泣いた1日は、一生忘れることのできない最高の思い出です。準備は本当に大変でしたが、がんばって良かったと心から思いました。
  • ご結婚式の中で印象に残った場面
    滅多に涙を見せない彼が、余興のとき、感動のあまりに泣きました!突然の出来事にとても驚いてしまったのですが、彼も私と同じように素敵な結婚式にしたくて、これまで気を張って頑張ってきたことを思いだし、今も同じように感謝の気持ちでいっぱいなんだろうなぁと感じ、改めて、生涯支えあって生きていこうと思いました。

MESSAGE - メッセージ

  • ウェディングプランナーへのメッセージ
    遠距離で連絡が取りづらく、わがままな希望も多かった私たちのために、いつも全力で対応してくださり大変感謝しています。わからないことばかりの私たちのためにわかりやすく、納得できるまで何度も何度も打ち合わせをして頂き、安心して式本番を迎えることができました。ゲストの方々からの評判もとても良く、後になって、当日私たちの行き届かなかったところのフォローもしてくださっていたことを知りました。迎賓館に結婚式をお願いして、永仮さんと一緒に式の準備をすることができて本当に良かったです。永仮さん、そして関わってくださった全てのスタッフさんと迎賓館で過ごした時間は、私たち2人にとって一生の宝物です。本当にありがとうございました。2人で鹿児島に帰った時は遊びに行きますね。その時はまたよろしくお願いします。
  • ウェディングプランナーからおふたりへのメッセージ
    翔平さん 愛美さん 
    初めておふたり揃っていらしたときおふたりの温かいお人柄に惹かれ、最高の結婚式を精一杯お手伝いしようと誓ったあの時のことを今でも鮮明に憶えています。おふたりはご両親やご親戚、ご友人、会社関係の方..関わっていらっしゃったすべての方を大切になさっていて、「結婚式に来て下さる皆さんに楽しんでいただけるように」「遠方からいらっしゃる方にもおもてなしを…」と常にゲスト様のことを一番に考えてご準備を頑張っていらっしゃっいました。おふたりが頑張ってご準備を進めて創り上げたご結婚式はとっても温かいもので、おふたりの”ゲストの方に喜んでもらいたい”という想いと同じように、ご友人もおふたりに喜んでもらいたいという想いがたくさん伝わってくるスピーチや余興、おふたりのことを祝福されているゲスト様の笑顔、そしておふたりとかけがえのないたくさんの時間を過ごしていらしたご家族のおふたりを見守る優しい表情...その空間に立ち会わせていただいて、会場中の皆さまの想いがひとつとなっておふたりとゲスト皆さまとが強い絆で結ばれていることを感じました。
    翔平さん愛美さんと過ごした時間は私にとって宝物です。おふたりのような素敵なご夫婦と出逢い、おふたりの人生のスタートラインとなるご結婚式に携われたことを心から幸せに思います。
    ご結婚式のご準備をお手伝いすることはもうなくなりますが、これからもおふたりのことを応援し続ける一番のファンでありたいと思っております。末永いお幸せをお祈りしております!