アーククラブ迎賓館(水戸)
一覧へ戻る
REPORT
KAZUHIRO&KUMI

INTERVIEW - インタビュー

  • 会場をお決めになった理由を教えてください
    会場全体が貸切にでき、全部自分たちの色に染められると思ったことが会場を決定した第一の理由です。これまで参加してきた友人たちの結婚式と一味も二味も違うものを作り上げたかったので、色々な演出にこだわって統一感を持った結婚式を作っていけるという期待を持てました。
    また、一番最初に会場見学に行った際に、施設がキレイでスタッフの方の対応も丁寧だなぁということを真っ先に感じたことも会場を決定した理由です。決めるに当たって他の会場を8箇所ほど見学に行ったのですが、他の会場では多かれ少なかれイマイチと思う点があったのですが、アーククラブさんではほとんどなかったと記憶しています。
    そして、会場(ホワイトハウス)に入るとすぐに大きなプールが目に入ることや、階段を使った入場も自由にできるということにも惹かれました。
  • ご結婚式に込められた想いを教えてください。
    10月13日が自分たちの最高の記念日になるよう、単純なお披露目だけで収まらないようにしたいと思いました。そのために、これまでの自分たちのイメージをいい意味で裏切る演出を披露したいと思い、常に「ゲストの度肝を抜く!」「やるならとことんまで!」というテーマを念頭において、「披露宴=エンターテイメント」として完成させようと考えました。また、これから結婚されるゲストにとって、参考になるようなものになればいいなとも考えていました。
    具体的には、視覚的な分かりやすさを重視し、ハロウィンを軸に会場装飾や料理のデザインを含む細部まで作り上げたことと、演出の映像作品を5種類ぐらい使用したこと、そして、とにかく手作りをたくさんしたということです。特にプール全体を使った文字装飾は、半年以上前から構想を始めた自信作ですし、リングピロー、マカロンタワー、マカロン型の札立て、ペーパーアイテム、マツボックリのオブジェ、ウコンタワーなど、作れるものはとにかく作りました。とりわけペーパーアイテムの中でも招待状には力を入れまして、和装の前撮り写真を利用した自作の招待状ムービーをyoutubeに掲載し、招待状のQRコードからその動画が見られるようにしました。アーククラブさんで初の試みということでしたが、ゲストの反応も上々でした。なお、当時はURLを知っている人のみの限定公開でしたが、現在は一般公開しておりますのでよろしければご覧下さい。↓
    http://www.youtube.com/watch?v=pMUwsVM1pw0
  • ご参加されたゲストやご家族へのメッセージ
    当日はとても緊張しましたが、改めて当日のムービーを見て、ゲストの皆さんにたくさん祝福していただいたことを実感しました。これからは2人で協力して幸せいっぱいの家庭を築いていきたいと思います。出席いただいたゲストの皆さん、ありがとうございました。

    そして、お父さん、お母さん。私たちにとってお父さんとお母さんがいつまでも親であるように、お父さんお母さんにとって私たちはいくつになっても世話が焼ける子どもなんでしょうね。そんな子どもたちなので、披露宴でラストバイトをしてもらいましたが、家が近いので、またちょくちょくご飯を食べに行きたいと思います(笑)これからも甘えさせてください。

    いつでもどんなときでも一緒に向き合ってくれた友だちのみんな。本当にありがとう。披露宴は楽しんでもらえましたか?みんなからお祝いしていただき本当に嬉しかったです。これからも夫婦ともどもよろしくお願いします。みんなの結婚式に参加するのを楽しみにしています。
  • ご結婚式を終えてのご感想とこれからご結婚式を迎えるカップルに向けてアドバイスをお願いします
    準備はやっぱり分量があって大変でしたが、一つのイベントを作り上げるという感覚で楽しくできたなぁと思います。個人的には、これ以上ない盛りだくさんの内容に仕上げることができたと自画自賛しております。

    これから結婚式を挙げる方々は、タイムスケジュールを考えてなるべく早めから準備を始めていただきたいと思います。式場を決めた日から準備は始まっているので、イメージを固めて、具体的にいつまでに何をするのかを考えて少しずつ作業を積み重ねていくことが非常に大事だと思います。「打ち合わせ開始までまだ時間があるから、今は何もしなくて大丈夫」と安心していると、あっという間に当日になってしまいます。
    逆に言えば、打ち合わせ開始まで待つ必要はないので、どんどんイメージを膨らませて、理想の結婚式に近づけるためには何をすればよいのかということをプランナーさんに相談してしまってください。終盤にまとめて作業を終わらせようとしても必ず時間が足りなくなったり、集中力が無くなったりして行き詰まるので、日々少しずつ進めていくのがベターと思います。

    そして、諸々の作業をスムーズに進めるためにも、プランナーさんとの打ち合わせの内容は些細なことでもメモをとっておくことをオススメします。たいがい、打ち合わせの内容を見返すのは数日後ということが多いので、記憶が曖昧になっているであろう自分たちに向けてメモを残しておくというスタンスでいた方がよいと思います。

    エステやダイエットに取り組もうと考えている方は、無理せずに体調管理にはくれぐれも気をつけて、時間をかけてじっくりと取り組んでください。パートナーのサポートがあると効果的なので、しっかりと見守ってあげてくださいね。

    イメージ的には私たちは準備が7割、当日が3割といった割合感覚でした。感覚ですので人によって違うとは思いますが、準備から結婚式は始まっていると思います。ですので、最高の結婚式にするためには一生懸命楽しんで準備することも大事だと思います。お二人で協力して最高の結婚式を作ってくださいね!
  • ご結婚式の中で印象に残った場面
    【新郎】
    昔、テレビ出演していた縁でロンドンブーツのお二人からお祝いメッセージをもらえたことがとても嬉しかったです。テレビ朝日のディレクターさんも快く協力していただき、ゲストにとってもサプライズになって、皆さん忘れられない結婚式になったのではないかと思います。
    【新婦】
    チャペル入場の際はとても緊張しましたが、ドアが開いて新郎の笑顔が待っていてくれるのを見たとき、とても安心したのを覚えています。これから2人で歩んでいく道がイメージできた瞬間でした。
    また、新郎が、私の好きなゴスペラーズの曲を内緒で練習していてくれて、サプライズで披露してくれたことがとても嬉しかったです。当日、新郎のアカペラメンバーが全員揃うことができなかったので、なんちゃってライブ中継映像を作っているところも新郎らしいなぁと感心してしまいました(笑)
    後日談ですが、ブーケプルズで当たった友人は、実は私たちの結婚式の少し前にプロポーズされていたことが判明!やっぱりブーケは次に結婚する人の元に行くようにできているんですね!!

MESSAGE - メッセージ

  • ウェディングプランナーへのメッセージ
    本格的な打ち合わせが始まってから約4ヶ月間、たくさんの注文やこだわりを聞いてくれて本当にありがとうございました。川﨑さんは、しっかりしたお姉さんのように頼りになる存在で、私たちが考えてきたり持ち込んだアイテムや演出案についていつも素敵な反応を返してくれて、非常に親近感を持って打ち合わせを進めることが出来ました。そのおかげで打ち合わせの際の緊張感も少なく、素直で率直な意見やイメージを伝えることができ、私たちの理想とする結婚式に仕上げることができました。時には率直すぎて大変な注文をしたことも多々あったかと思いますが、宮下支配人をはじめ、スタッフの方々にもたくさんご協力をいただけましたこと、本当に感謝しています。
    結婚式を終えて、川﨑さんと連絡をとることも少なくなってしまい、正直寂しいと思っているところですが、その分、これから式を挙げられる方々と素敵な結婚式を作り上げていただきたいと思います。
    お忙しいお仕事と思いますので体調管理にはくれぐれもお気をつけください。
    たくさんたくさんお世話になりました。ありがとうございました。
  • ウェディングプランナーからおふたりへのメッセージ
    一宏さん久美さんご結婚誠におめでとうございました。お二人とのお打合せでは、毎回楽しい時間を過ごさせていただきました。結婚式の準備についてのお話はもちろんですが、その中でも印象的だったのが〈一宏さんのTV出演のお話やプロポーズ大作戦での偽指輪話〉のお話でした。TV出演のDVDを初めて見せて頂いた時は本当にビックリしてしまい言葉になっていなかったような気がします・・・。そして、お二人のご結婚式は、招待状~結婚式当日に至るまで、すべてに対してこだわりが沢山あって私自身お手伝いをさせて頂きながら、毎回、結婚式での準備話をお伺いするのが楽しみでした。今までに見た事の無い、こだわりのプール装飾やガーデンいっぱいに飾られたリラックマ&ハロウィングッズ、お料理すべてに秋&ハロウィンを施し、そして招待状までも・・・こだわり抜いた画像を添付していましたね。すべてに対して、クオリティの高さを感じる事ができたお二人ならではの本当に素敵な披露宴でしたね!結婚式当日は、会場全体がお二人の空間に包まれて、とても暖かい時間を感じる事ができて本当に素敵でした。これから、お二人にお会いできなくなってしまうかと思うと、凄く凄く寂しいですが、これからも仲良しな一宏さんと久美さんでいてくださいね! 
    そして、いつでも遊びに来てくださいね。その際はローズヒップご用意してお待ちしております♪

    ウエディングプランナー:川﨑 絵美