アーフェリーク迎賓館(岐阜)
一覧へ戻る
REPORT
RYO&MAI

INTERVIEW - インタビュー

  • 会場をお決めになった理由を教えてください
    4年前、友人の結婚式に参加した際、会場がアーフェリーク迎賓館 ヴィクトリアハウスでした。
    その時見た会場内の素敵な雰囲気と、行き届いた設備とそして披露宴の中で、階段から降りてくる花嫁姿の友人を見て、私もいつかこの式場で彼女の様な式を挙げたいと憧れを持ちました。
    また私達らしい結婚式を作り上げる事が出来る事にも魅力を感じていましたので、他の式場と迷う事なく、初めからアーフェリーク迎賓館ヴィクトリアハウスだと決めていました。
  • ご結婚式に込められた想いを教えてください。
    来て下さるゲストの方皆さんに『感謝の気持ちを込めたおもてなし』をしたいと考えていました。
    また『参加して良かった』と思って頂けるような式にしたいと思っていました。思い出の写真に会話を弾ませてもらおうと、ロビーにはゲストの方全員の写真を用意しました。
    また遠方の方も多かったので、この地区ならではのお菓子まきも取り入れました。お菓子の袋詰めは大変でしたが、当日皆さんに喜んで頂けて、またとても賑わいもあったので良かったです。手作りでできる部分(準備)は全て作りました。
    その手作りが「うわぁっ!」とゲストの方の心に伝わるといいなと思い、1つ1つ感謝の気持ちを込めて作り上げました。
    結婚式後、多くの方から「感動の結婚式をありがとう」また「おもてなしをどうもありがとう」というお言葉を頂き、想いが届いて良かったと心から思いました。
  • ご参加されたゲストやご家族へのメッセージ
    寒い中、また遠方より沢山の方に参加して頂きまして、本当にありがとうございました。
    会社関係の方、友人、親戚や両親からの笑顔にも私達は改めて幸せを感じました。
    皆さんに愛され、結婚式を迎えられる事ができた事に、感謝の気持ちでいっぱいです。
    これからも2人で協力し合い、いつまでも幸せな家庭を築いていきたいと思っていますので、私達を暖かく見守っていて下さい。
    本当にありがとうございました。
  • ご結婚式を終えてのご感想とこれからご結婚式を迎えるカップルに向けてアドバイスをお願いします
    結婚式を終えて一番に感じた事は、この式場を選んで、イメージ通りの式を挙げられて、本当に良かったという事です。私達の結婚記念日が12月25日、そして、挙式もちょうどクリスマス時期でしたので『クリスマス』をテーマにして、式の準備をしてきました。思い描いていた通りに進める事ができた分、準備は大変でしたが、最後の最後まで私たちが納得のいくように、スタッフの方も協力して下さったおかげで、最高の結婚式を挙げる事ができました。
    ここのスタッフの方は皆さん丁寧で親身になって下さる方ばかりですので、きっと、これから式を迎えられる方も、最高の結婚式を挙げられると思います。
  • ご結婚式の中で印象に残った場面
    私の元職場の同僚からの余興がとても心に残っています。
    職場全員からのビデオレターを頂きました。
    私の余興制作の為に、忙しい中にもかかわらず、皆さんによる踊りや演技まで取り入れられた笑い有り、涙有りの素晴らしい作品でした。
    また1つ1つが手作りで「HAPPY WEDDING」と切って貼って塗って作られた愛情たっぷりの作品は、私の一生の宝物になりました。
    あれだけの素晴らしい作品は制作時間に何ヶ月もかかった事かと思いますが、それだけ思って下さっての作品だと心から感謝しています。
    あの時の余興は凄く感動し、涙が止まらなかった時間でした。

MESSAGE - メッセージ

  • ウェディングプランナーへのメッセージ
    齋藤さん、私達の担当をして下さり、ありがとうございました。準備ではいつも的確なアドバイスを下さったり迅速な対応で進めて下さったおかげで、私達は安心してついて行く事ができ、素敵な結婚式を挙げる事ができました。
    齋藤さんは、いつも明るく良心的で私達の不安要素を取り除いて下さるプランナーの中でもプロのプランナーですね。
    齋藤さんが担当で本当に良かったです。
    アーフェリーク迎賓館で式を挙げたいと言う知り合いが現れた際には、ぜひ齋藤さんをお勧めさせて頂きたいと思います。
    本当にありがとうございました。
  • ウェディングプランナーからおふたりへのメッセージ
    亮さん 麻衣さん ご結婚誠におめでとうございます。
    休みなく働いていらっしゃる亮さんに代わって、毎回お打合せに参加して下さった麻衣さんのお母様。
    お打合せの中でヴェールダウンの意味合いをお話しした際、涙されていたお母様。当日行って頂きましたヴェールダウンのシーンに立ち会わせて頂きましたが、とても感動的でした。
    ご披露宴では、ひとつひとつを楽しみながら笑い、涙されるお二人のご様子を拝見しながら「お二人が1番幸せな1日」に立ち会わせて頂いている事に私自身、とても感動いたしました。
    お二人らしい「おもてなし・感謝」を大切にされた特別な1日のお手伝いをアーフェリーク迎賓館でさせて頂きました事、御礼申し上げます。
    亮さん 麻衣さん 末永くお幸せに・・・。