アーフェリーク迎賓館(博多)
一覧へ戻る
REPORT
SHINGO&MAIKO

INTERVIEW - インタビュー

  • 会場をお決めになった理由を教えてください
    初めて会場見学に行ったのがアーフェリーク迎賓館でした。担当してくださった壬生さんが会場見学の際にいろいろなサプライズをしてくれたことがとても印象的です。
    アイディアマンの壬生さんの人柄と,アーフェリーク迎賓館のアットホームな素敵な会場,自分たちの思ったような式ができそうだと思い,この会場を選びました。
  • ご結婚式に込められた想いを教えてください。
    結婚式当日は,3月9日。ゴロ合わせで“thank you”の日として,参加してくださるゲストのみなさんに“thank you”の気持ちを伝えられるようにこだわりました。
    たくさんの愛情で私たちを育ててくれた家族や,付き合って約7年の私たちのことを付きあったころから支えてくれた友人,いつもお世話になっている会社の人… たくさんの人に支えられていることを再確認した一日でした。
    また,二人の思い出の場所である沖縄もテーマの一つでした。プロポーズの場所である沖縄のカフェの砂を,お店の人に送ってもらい会場装飾に使いました。お店の人にも感謝です!
  • ご参加されたゲストやご家族へのメッセージ
    「日頃の感謝の気持ちをゲストのみなさんに伝えたい」という式でしたが,たくさんの人に集まっていただき,お祝いしていただき,みなさんに支えられているということに改めて気づいた1日になりました。
    感動で泣いてばかりの新郎新婦でしたが,これからは,みなさんを幸せにできるような家庭を築いていきたいと思います。
    本当にありがとうございました。
  • ご結婚式を終えてのご感想とこれからご結婚式を迎えるカップルに向けてアドバイスをお願いします
    「結婚式の準備なんて何をすればいいんだろう」と,アーフェリーク迎賓館に行くまでは不安でいっぱいでした。
    式の準備の間も,二人の意見が合わずに上手くいかないこともたくさんありましたが,
    プランナーさんや家族に相談しながら,少しずつ式をつくりあげていくのはとても楽しかったです。
    きっと当日は,今までに体験したことがないくらい幸せな一日になると思います!
  • ご結婚式の中で印象に残った場面
    プロポーズの思い出の場所である海の見える沖縄のカフェ。その場所の砂を使って,新郎が砂時計をサプライズプレゼントしてくれました。
    当日会場に来てくれた人が少しずつ砂を入れてくれて完成した砂時計は宝物です。

    「この砂時計と一緒に,すてきな家族を築いていこう」
    ゲストのみなさんに見守られながらの二回目のプロポーズ。一生の思い出です!

MESSAGE - メッセージ

  • ウェディングプランナーへのメッセージ
    最初に会場見学に行ったときから,壬生さんがプランナーさんなら,最高の結婚式になると予感していました!
    アイディアマンの壬生さん,毎回打ち合わせの度に素敵な提案をしていただき,打ち合わせに行くのが楽しみなほどでした。
    年も近く,友達に相談するように気軽になんでも聞いてくださってうれしかたです。
    「私あんまり,担当した方の式では泣かないんです」と言っていた壬生さん。式の最後は,私たちも泣かないように我慢していたのに,壬生さんの大泣き顔を見て家族みんなで号泣してしまいました…笑
    それも今では素敵な思い出です♪心のこもった式をありがとうございました!
  • ウェディングプランナーからおふたりへのメッセージ
    真悟さん、真依子さん,この度はご結婚誠におめでとうございました。約1年越しのご結婚式の準備期間でしたね。ご遠方にお住まいということで準備も大変だったかと思います。お二人のご結婚式のテーマ「39、そしてたくさんの幸せがサクように」ということで、人前式もご披露宴もお二人らしいオリジナルな式になりましたね。お二人が会場見学にお越しになられた際に「ここで挙げたい!」とおっしゃって頂いたことを今でも覚えています。当日は見事な晴天でバルーンの演出もとってもキレイでした。思い出の地、沖縄の砂浜を使った装飾やサプライズもとっても素敵で,特にサプライズの砂時計の時はゲストのみなさんにもお手伝いして頂きながらお二人の側で祝福して下さったことをとても微笑ましく思えました。お二人とのお打ち合わせは本当に楽しくていつも笑わせてもらいました。だからこそ、お二人とのお打ち合わせがもうないかと思うととても寂しくなりましたが、またいつでも遊びにお越し頂ければと思います。アーフェリーク迎賓館スタッフ一同、楽しみにお待ちしております!!末永くお幸せに!!