市場動向

国内ウェディング市場規模

日本のウェディング市場規模は約2.4兆円、2018年の婚姻組数は約59万組(前年比2.8%減)

人口動態の影響が顕在化する中、戦略的な投資により、当社は、業界最多21,160組(前年比3.9%増)の挙式を執り行うほか、さまざまな婚姻関連事業を展開しています。

※出典:厚生労働省「人口動態統計」より

結婚周辺市場規模

結婚周辺市場規模

※出典:矢野経済研究所「ブライダル産業年鑑2019年版」およびゼクシィ新生活準備調査2018より当社が作成

挙式披露宴市場規模

挙式披露宴平均単価

※出典:株式会社リクルートゼクシィ結婚トレンド調査2018

2016年の婚姻組数

※出典:厚生労働省平成30年人口動態統計(推計数)

専門式場・ハウスウェディング市場規模

専門式場・ハウスウェディング市場規模

T&G

T&G

※出典:矢野経済研究所「ブライダル産業年鑑2019年版」

婚姻組数の推移

国内人口は中長期的に減少傾向にあるものの
潜在市場(ナシ婚層、再婚層など)が存在

国内人口は、少子化・晩婚化の影響により中長期的に減少傾向にあり、それに伴って婚姻組数も減少すると想定しています。
そうした中、結婚披露宴を行わず、役所に婚姻届を提出するだけで済ませる(ナシ婚)形式や、晩婚化に伴い再婚組数の増加という多種多様な婚姻形態が存在しており、ウェディング市場にはまだ一定の潜在的な市場が存在していると認識しています。
当社は、この潜在市場に対して挙式披露宴の意味や重要性の発信、新たな挙式披露宴スタイルの提案をしていくことが重要であると考えています。 また、多様化するニーズにあわせた事業ポートフォリオを構築し、更なる成長ステージに引き上げていくことを目指しています。

日本の婚姻組数の推移

日本の婚姻組数の推移

※出典:厚生労働省平成30年人口動態統計(統計数)

(参考)初婚年齢の推移

(参考)初婚年齢の推移

(参考)日本の再婚組数の推移

(参考)日本の再婚組数の推移

国内市場環境の変化 ― タイプ別披露宴実施会場の推移

ハウスウェディングの認知度向上により市場は拡大傾向
ホテル運営により、更なるシェア拡大を目指す

国内市場では、ハウスウェディング市場シェアが年々拡大しており、2018年には54.3%となっています。
これは、当社がハウスウェディング市場を創出し、お客様の市場認知が高まったことによるものです。
今後はハウスウェディングとともに、ホテルウェディングも強化し、更にウェディング市場でのシェアを高めるべく邁進してまいります。

挙式披露宴実施会場の動向(全国)

挙式披露宴実施会場の動向(全国)

※出典:矢野経済所「ブライダル産業年鑑2019年版」より当社が作成

平均単価の推移

ウェディングにかける費用は年々増加傾向
「おもてなし」志向の高まりで、招待客1人あたりにかける費用が増加

近年、ウェディングに対する考え方には徐々に変化がみられ、その費用は増加傾向にあります。 その主な要因は、2001年以降のハウスウェディングのシェア拡大により、画一したものでなく、自分らしさを表現できるウェディングが叶うようになったこと。 また、初婚年齢の上昇により、もてなしを重視するカップルが増え、招待客1人あたりの料理・飲み物費用の合計が増加傾向にあることがあります。 当社は、カスタマーセンター※ 1を通じ、多様化するお客様ニーズに迅速に対応しながら、自社商品の展開を強化し、高い付加価値を創出する仕組みを創り上げています。

※1 挙式済みの全ての新郎新婦・参列者のお声を一元的に収集する組織

挙式披露宴単価の推移

挙式披露宴単価の推移

※出典:株式会社リクルートゼクシィ結婚トレンド調査1999-2017

※2011年度は東日本大震災の影響により、東北・北関東エリアの調査は実施しておりません。そのため、「全国版」のリリースはありません。

海外・リゾートウェディング市場概況

国内では、顧客ニーズの多様化と、晩婚化、再婚層の増加により、親族や限られた友人のみが列席する「少人数婚」の需要が高まっています。 「少人数婚」マーケットには、「おもてなし」を重視しながらも、「低価格」「準備の簡略化」という潜在的なニーズが存在し、その顧客ニーズを背景に、旅行とともに短期間で挙式を執り行うことができる「海外ウェディング」のシェアは拡大傾向となっています。 特に沖縄は、地理的な近さもあり、日本人だけでなく香港、台湾、中国本土など東アジアを中心とした訪日外国人の挙式が増加傾向です。

また、中国の婚礼マーケットは現在も急速なスピードで成長しており、2021年には69兆円に膨らむと予想されています。 香港、台湾で高まる「海外ウェディング」のシェアは、今後、中国本土でも拡大し、成長余地が大きいと言われています。 当社は高まるニーズを見据え、国内外販売網、リゾート拠点数を拡大していきます。

中国ブライダル市場予測

2017年時点で日本の約10倍。 毎年10兆円規模の成長が見込まれている。

中国ブライダル市場予測

※出典:中商产业研究院2018中国婚庆行业市场現状及发展前景研究报告」 矢野経済研究所「ブライダル産業年鑑2019年版」

※両市場の定義が若干異なるなるものの近似

中国圏の海外実施組数の推計

中華圏の披露宴実施率は90%以上。 中国の海外挙式市場は、年2倍以上のスピードで成長している。

中国圏の海外実施組数の推計

※出典:ウェディングジャーナル No.100 より

リゾートウェディング実施組数(沖縄)の推移

リゾートウェディング(沖縄、海外)市場概況

※出典:沖縄県観光振興課発行

経営方針
企業理念
長期経営方針
市場動向
コーポレート・ガバナンス
事業等のリスク

PAGE TOP