IR基本方針

当社は、企業の説明責任を果たすべく、すべての利害関係者(ステークホルダー)に対して、企業情報を公平かつ適時適切に発信することを基本方針としています。
IR活動においては、積極的な情報開示、双方向コミュニケーションの充実を図り、株主・投資家の皆様との信頼関係の構築に努めます。

情報開示基準

当社は、金融商品取引法、その他の法令および当社の有価証券を上場している証券取引所の定める適時開示規則に沿って情報開示を行っています。また、当社では適時開示規則に基づく開示事項に該当しない情報であっても、投資家の投資判断に有用と判断した決定事項、発生事項及び決算に関する情報は、できるだけ速やかにかつ公正に情報開示を行います。

情報開示方法

適時開示規則に基づく開示事項に該当する情報開示は、東京証券取引所の提供するTDnetにて開示しています。
証券取引所の提供する適時開示情報システムで公開した情報は、当社のウェブサイト及びメール配信等にて、できるだけ速やかに公開することとしています。また、適時開示規則に基づく開示事項に該当しない情報についても、投資判断に影響を及ぼすと思われる情報は、当社ウェブサイトを活用することで、当該情報が広く一般に情報が伝達される環境づくりに配慮しています。

IR情報トップ
トップメッセージ
IRニュース
個人投資家の皆様へ
財務・業績情報
IRライブラリ
株式情報
よくいただくご質問
IRカレンダー
IRニュースメール
IR基本方針
IRお問い合わせ
IR用語集
免責事項

PAGE TOP