代表挨拶

代表挨拶
代表挨拶

既存事業の収益性向上と新たな成長機会の追求を図る

はじめに、新型コロナウイルス感染症により影響を受けられた方々に心よりお見舞い申しあげます。

2020年は、世界中が未曽有の事態に襲われ、ホテル市場・ブライダル市場においても甚大な影響を受けております。厳しい環境下にありながらも、この局面を契機 と捉え、事業の選択と集中を検討し、海外・リゾートウェディング事業の譲渡、婚礼事業の収益構造改革など、迅速に経営判断を行ってまいりました。同時に、第三者割当増資、金融機関とのコミットメントライン締結など、財務基盤を強化し、既にアフターコロナを見据え、新たな価値提供に関しても構想を進めています。

今後、人々の価値観や行動様式が急速に変化し、求めるものやライフスタイルは、これまで以上に多様化するでしょう。オンライン偏重の環境の中、人が集い触れ合うことの価値や、外国を旅する体験価値の重要性も再認識されています。そのような、時代の流れを敏感に捉えながら、新たな価値を創造し続けてまいります。

株主の皆様におかれましては、今後も格別のご理解とご支援を賜りますようお願い申しあげます。

代表取締役会長 野尻 佳孝

2020年は、新型コロナウイルス感染症の流行により、当社グループにおいても、厳しい経営状況が続きました。思い返せば、過去にも、事業拡大の過程で経営危機に陥った経験があります。その際は、抜本的な経営方針の見直しと共に、「人の心を、人生を豊かにする」という企業理念を策定し、理念経営の徹底を図り、業績回復を遂げることができました。その時の経験から、今回の緊急事態においても、常に理念を基準とし、全ての経営判断を行ってまいりました。その結果、婚礼予約キャンセルは極めて少なく、多くのお客様が挙式日を幾度も変更しながら、当社に結婚式を任せたいと決断してくださっています。

未だ不透明な状況が続いておりますが、おかげさまで、2022年3月期は、新型コロナウイルス感染症拡大前の2020年3月期を上回る婚礼予約数を承っており、新規のお問合わせも回復傾向にあり、婚礼需要の底堅さを実感しております。この急激な環境変化をチャンスとし、業務プロセスのデジタル化によるコスト削減や新サービス開発など、新たな成長の礎となる事業基盤を強化してまいりました。

今後の婚礼業界は、競争環境の変化が予想されます。業界最大手として、より一層多くのお客様に求められるサービスを構築し、企業価値・株主価値の向上に努めてまいります。

代表取締役社長 岩瀬 賢治

企業情報
代表挨拶
会社概要
役員紹介
グループ会社一覧
沿革
本社地図・アクセス

PAGE TOP