HOMET&Gのビジョンウェディング市場の動向

ウェディング市場の動向

国内ウェディング市場規模

日本のウェディング市場規模は約3兆円、2015年の婚姻組数は約63万組
T&Gは、約19,800組の挙式披露宴を執り行うほか、さまざまな婚姻関連事業を展開

国内ウェディング市場規模

国内ウェディング市場規模は、結婚費用と新生活準備費用を合わせて約3兆円、婚姻組数は約63万組と推計されています。
その中で当社は、直営店舗、提携レストラン、リゾートウェディングなどにおいて年間約19,800組の挙式披露宴を執り行っており、また結婚周辺市場においても、新婚旅行やブライダルローンといったサービスを展開しています。

国内市場環境の変化―挙式披露宴実施会場の動向

ハウスウェディングの認知度向上により市場は拡大傾向
T&Gは引き続きハウスウェディングのシェア拡大を目指す

挙式披露宴実施会場の動向

国内市場では、ハウスウェディング市場シェアが年々拡大しており、2012年度で51.5%となっています。 これは、当社がハウスウェディング市場を創出し、お客様の市場認知が高まったことによるものであります。 当社は、引き続きハウスウェディングのシェアを高めるべく邁進してまいります。

国内市場環境の変化―婚姻組数の推移

国内人口は中長期的に減少傾向にあるものの
潜在市場(挙式披露宴を控えている層など)が存在

婚姻組数の推移

国内人口は、少子化の影響により中長期的に減少傾向にあり、それに伴って婚姻組数も減少すると想定しています。そうした中、挙式披露宴を控えているお客様層も存在しており、ウェディング市場にはまだ一定の潜在的な市場が存在していると認識しています。
当社は、この潜在市場に対して挙式披露宴の意味や重要性の発信、新たな挙式披露宴スタイルの提案をしていくことが重要であると考えています。

ページTOPに戻る